始めに

コーヒー好きが生じて、珈琲に関する恋愛小説を書きたくなり、できあがったのが、『詩人の珈琲屋 英語の出会い編』である。

折角書くので有れば、その舞台となった、川越駅を中心に、本編で書ききれなかった断片な情報をこちらで提供できたら思う。また、その他にもさまざまな珈琲に関することがらを伝えることで、皆様の想像力を掻き立てることができたら幸いである。

珈琲のファンとなる方が増えるのもうれしいし。

つきまして、よろしくお願いします。

af9980011719

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL