但馬屋珈琲店本店 @ 新宿

『コーヒーゼリーの時間』、という本を買った。
感想はこちら

そこに乗っていた、『コーヒー店の、焙煎から始まるゼリー』というコーナーで、新宿にある『但馬屋珈琲店』にやってきた。
本当はたばこの匂いを嫌って、小田急店に行こうかと思ったのだが、そこは21時でしまっちゃう。
で、自分が新宿に着いたのが20時ちょっと・・・・・・。
どう考えても長く居られそうにないのと、小田急店のメニューを見るに、コーヒージェリーがないかもなので、諦めて本店へ。

外見はまさしくトレードマークである二階建てのお店であった。

横のネオンが違和感感じまくるが、ここは新宿、仕方が無い。

入り、カウンターが空いていたので、一番奥に座った。
そこなら、カウンターが丸見え+店員がドリップしている姿も見える。

さて、ここはコーヒージェリーを目当てに来たので、店員にそれを伝えるが、肝心のコーヒーをどうするか考えていなかった。
うーん、店員に苦めもしくはお奨めでって聞くと、ここのコーヒージェリー自体が苦いので、酸味がないものであれば良しとのこと。
表に乗っていた今日のオススメがドミニカだったので、それもありかと思った。

ただ、ドミニカは酸味が強いっぽいので、それならば、苦め+苦めのグァテマラにした。

ちなみに、店内は結構騒がしい。
5分に一組が会計を済ませているようで、あんまり静かに何かをするって場所じゃない。

歴史を感じる店内。

二階もあったが、それはまた次回。

カップを置いてある棚。

ここから店員がカップを出し入れしている。
いろいろな柄があって、見ていて楽しいかも。

頼んだコーヒーを入れようとしているところかも。

ネルドリップって初めてなんだよね。自分。
一度淹れ方の洗い出しと勉強のし直しをした方が良いかも。

うーん、さて、目当てのコーヒージェリーが届いた。

ジェリーは、固めで苦め、そのまま食べるのは、一つ目がまだいいが、二つ目からは苦すぎる気がする。
ただ、固めは固めだが、スプーンで切れるほどの固さだったので、噛みにくいってことは無かった。
『コーヒーゼリーの時間』の著者、木村衣有子(きむら ゆうこ)氏はこう書いていた。
「ぷるぷるとに固められた、つるっと水気たっぷりのゼリー」
前半は同意ではあるが、後半はそこまでじゃないかも。
ただ、ゼリー自体は季節に寄って変動しちゃうので、寒いときダカラかもね。

ちなみに、クリームは甘味抑え目、食べ続けても大丈夫かも。
ドロップ?も甘さ控えめだった
二つ混ぜて食べると、口の中は程よい甘味であり、噛みながら飲み込むと、苦みが口の中に残った。

コーヒーまで苦めでいる自分にとっては、これはこれで大人の味って感じである。
量的に少な目なので、すぐに食べ終えちゃうのがもったいないが、これはまた次回も来たい。
ただし、この苦さは人を選ぶ。甘いものが好きな人にはダメかな。
下手すれば、ニガウリよりも苦かった(苦笑。

ちなみに、自分がいるときに、飲んだ後のカップルがやってきて、「飲んだ後は必ずここでコーヒーを飲むんだ」と言ったのが聞こえた。
ファンがあるお店。良いね。

ただ、混雑しているお店だったためか、カウンターでパソコンもって小説を書いている自分は、まだ飲み干していなかったのにもかかわらず、カップを下げられそうになった。
そう声をかけられたので、急いで飲みきる羽目になった。
うーん、気持ちは分るが、まだ1時間ちょっとしかいないよ。店員。
その追い出し行為は頂けないよ。
折角気分が乗ったところなのに、水をかけられた気がして、ここに引き続き居る気がしなくなった。
残念。

さらに、ここは喫煙環境そのもので、たばこのかなりの匂いが服に付いていた。
正直、コーヒージェリーは問題ないし、コーヒーもネルドリップと、珍しい淹れ方で好きなんだが、お店の環境およびサービス自体が自分には合わない。
そのため、自分にとって、ここの推奨度は低い。

ただ、たばこOKの人で、利用している場所がカウンター出なければ、オススメ出来るかもね。

PS、
若い店員さんが最初に、ジェリーが苦めなので、酸味以外ならおすすめといった理由がわかった。
頼んだ、グアテマラのコーヒー、冷めていると、酸味がないので、そのままコーヒージェリーとほぼ同時に飲んでも違和感なくおいしく感じるためだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL