ムーンファクトリー @ 三軒茶屋

三軒茶屋の駅から歩いて5分ほどにある、すごく外見からだと分からないお店である。
近くに住んでいる友人のお奨めで来店。

本当に分かりにくかった。道というよりも、そのお店が。
下が路地の外から取った写真。その赤い丸がお店。

こちらが、その階段下まで行ったときに見えるお店のロゴ。

この三日月マークがなければ、自分も分からないという自信はある(苦笑。
まぁ、でも、道が分かりにくくて説明しにくいが、Google Map等で探せば来れるし、一度これば二回目は大丈夫だろう。

さて、入ってすぐに感じるのが、流れている空気の遅さ。なんというか、店員も動きがゆっくりだし、すでに座っている客もゆっくりと本を読んでたり、談笑してたりする。この店に入る前は、速足で歩いてきた自分にとって、速度が違い過ぎた。たまには

一人で来たので、カウンター席にする。
ちょっと失敗したのが、カウンター席は幅は良いのだが、奥行きが50センチもなく、12インチのノートパソコンを広げると、奥行きが詰まってしまう。まぁ、幅はあるので、コーヒーを右において、パソコン左という風に分けれるのが良しかな。

さて、注文するに、メニュを見ると、コーヒーが700円、マグカップが800円とかなりの割高だった。
ただ、ここの豆は北海道から届いているとのこと。焙煎もそこと店員が言っていた。
あんまり日本の豆を試したことがない自分にとっては結構楽しみなものがある。

2/25訂正。豆は海外で、焙煎のみが北海道だった模様。
うーん、ちょっとお奨め度も変更かな: 高い → 中。

頼んだのは苦みのあるマンデリン。
注文が入ってから豆を挽き、その後ハンドドリップで淹れるというスタイル。

においも強め、味も強めの苦みが嬉しいところ。
その横もチーズケーキも味が濃いが、小さい……。
お腹が空いていたので、できれば、もっとがっつりと行きたいところだったが、それは次回に回すことにする。

ちなみに、窓に本が置かれていて、コーヒーとチーズケーキとの組み合わせが好きである。

オブスキュラもだが、三軒茶屋という混雑している街で、ゆっくりとコーヒーを飲み、本を読む、もしくはパソコンで試筆ができるカフェは本当に嬉しいものがある。

価格が高い。つまりそれだけ、回転数を要求しない=本当にゆっくりと出来るということだと思う。
惜しいのがデザートが小さいので、お腹を満たしてからの来店が良いと思うが、上記の訂正の通り、北海道で焙煎をしているだけだと、割高に感じる。静かに過ごしたい人向けかな。

まぁ、禁煙は高いけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL