山下珈琲 カフェブリック @ 川越

マルヒロから紀伊國屋へ行く途中、小通りを右に曲がり、珈琲館を通り過ぎると、右手に小さなカフェが見えてくる。

『カフェブリック』である。

オーナーは元、東京にある東京ステーションホテルで働き、2010年に退職したあと、川越に移りカフェを開いた。
働いている東京ステーションホテルがある東京駅のなごりとして、『レンガ=ブリック』という店名にしたとのこと。
珍しく、『東京駅』というブレンド豆があったので、

オーナーに聞いてみたら、上記を共有してくれた。
なかなか義理の固いおじいさんと見た。

でも、豆が100gで1050円するので、ちょっと手が出せず残念。
(確か、ブルーマウンテンとそのほかとのブレンド)

中はそんなに広くなく、カウンターに5名、テーブル席に10名ぐらいで一杯になる。

それに、すごく静かだった。
ほぼ満席なのに静か・・・・・・。
客層が上品だからなのかも。カップルも3組いたが、皆声がすごく小さいらしく、一番うるさかったのは店内に入ったときの自分だったかも(苦笑。

そのため、席の写真を撮るのは避けた。
その代わりに、カウンターの向こう側の写真を。

真ん中にやかんが見える。右側のガスでいつも沸かしていた。

席に座り、メニューを開こうとすると、『焼き林檎のパンケーキ』というのが目についた。

多分、お店のお薦めだろうだと思ったので、それも注文することに。

驚いたのが、豆の種類であった。
なんと、インドの豆があった。

自分の今までのカフェ歴で、これで2件目である。
(1件目は川越のアトレ7階にある『Cafe de る・ぺーる』。)

そのほかでもいろいろあったが、迷わずインド豆に決めた。

これに、焼き林檎のパンケーキセットである。

豆が挽かれる音のあとしばらくして、届いた。

何故だろう。
珈琲の表面が天井を反映しているよう見える。
ちょっと珍しいかも。

ちなみに、匂いは苦めであり、味も苦かった。
ただ、飲んだ後はすっきりしていた。
そのまますーっと飲み切りそうだったので、パンケーキに挑戦。

ちょっと写真の色調整がうまくいかずあれだが、林檎のジャムとかではなく、林檎を焼いたそのものがでてきていた。
自然的な甘さでいいね。
(量はそれなりにあるので、ご飯食べた後すぐだときついかも。)

だてに、表に、『ホテルメイド パンケーキ』と広告をだしていないだけはあるね。

珈琲はお代わりするときには150円引きなので、長時間は入れるっちゃいれるが、テーブルが狭いので、作業には向いていないかも。
実際、本当はパソコンを開こうと思ったが、雰囲気を読んで止めた。

珈琲好きなら是非とも来た方が良いと思うので、お奨め度は高い。

ちなみに、甘めの飲み物なら、『アイリッシュ キャラメル ラテ』というのがあった。


これも結構おいしかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL