あおい珈琲店 @ 大山

大山はハッピーロードが有名過ぎて、他の場所に行くことが少なかったのだが、今日はいいカフェを見つけた。

行き方は川越からだと、池袋方面の普通電車に乗り、前の方で降りると、そこに改札がある。
その改札から出て、すぐ横の地下道を通って反対側へ。出るときには左の階段を上ると、そこに『あおい珈琲店』がある。

ぱっと見、マンションの一階なので、スルーしちゃう可能性が高いことにはお気をつけを。

外からでも、ガラス扉を通して、店内で販売されているコーヒー豆のガラス瓶や器具が見えるのが嬉しい。写真を撮り忘れたのが残念。

早速入る。

結論から。ここはかなりお奨め出来るカフェである。

まず、入り口に有る、器具売り場。

これ、写真だと反射で見えていないが、カリタやハリタ等の一般向けドリップ器具も販売されているのだ。使い捨てフィルターもある。そのほかに必要とされる、ポットやサーバーも売っているのは嬉しすぎる物がある。初心者ならまとめて買っちゃえば良しだし、中級者以上でもここで補てんが可能だ。

次にコーヒー豆販売用のガラス瓶。20種類以上ある。

が、注目すべきはその棚の上に乗っている本。
そうなのだ、ここはお店の好意で本が置かれている。
つまり、『ゆっくりと本を読みながらくつろいで欲しい』というお店の気持ちが受けられるところだ。
良いね。

入り口で呼び止められて、テーブル席が空くのをまつ間に撮影。
多分、オーナーかマスターかの雰囲気を醸し出している銀髪のおじいさんも良い感じ。

カウンター向こう側に見えるカップ群も良い。
販売しているかどうかは不明だが、お客さん用にも使っているっぽい。

見よ、この青銅っぽいカップ。

ちなみに、提供されているコーヒーの種類は10ぐらい有った気がするが、自分はメニューの上方に乗っていたフレンチブレンドに惹かれてので、それにした。苦い味が好きなのだ。

匂いも味も良かった。
さらに雰囲気も良し、禁煙というのもなお良し。

大山ということで、友人を訪問するのでなければ、降りない駅である。
特に、川越に住んでいると、乗る電車としては準急か急行しかない。
それでも、たまの週末に立ち寄るのも悪くない。

ちなみに、3時のおやつにショコラを頼んでみた。
横のクリームが良い感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL