ソフマップ川越店

川越でカフェ以外で良く立ち寄るのが、ソフマップ川越店であった。

小説内でも、川越のパソコンショップとして登場している。

自分、パソコンオタクであるが、川越から秋葉原に行くのが1時間かかるため、ちょっと億劫になる。

東上線と山の手線でも1時間ちょっと、結構遠い。

それに、秋葉原に行くと、予定上に衝動買いをしそうで怖いというのもある(苦笑。
その為、いつもはこのソフマップに来ている。

目的としては、どんな商品が売れているのかとか、上記で書いたように、パソコンパーツを買いたいという欲をここで発散するようにしている。

正直、品ぞろえは結構ちょっと少な目だね。それでも、ふじみ野にある、PC Depotよりもずっとマシだが。最新物は少ないのは残念だけどね。
例えば、今年6月末に発売された、Radeon RX 480というビデオカードに関して、あれだけ秋葉原で騒がれていて、池袋のツクモやビックカメラのパソコン館でも何種類も取り扱っているのに、ソフマップでは数か月も見かけてなかった。記憶に間違いなければ、11月末まではなかったよ(苦笑。
まぁ、別にすぐに買うわけでもないのだが、せっかくの有名なビデオカードがないのは寂しいものが有った。

とはいえ、ここは細かいパーツで結構お世話になっているから、引き続きこのままでいてほしいもんだ。
例えば、自分のサブマシン。AMD A6-6400K, 8GB, HDD x 2, ケースという簡易スペックなのだが、全パーツをまとめてここで購入した。
もちろん、ものによっては他社とある程度価格を合わせてもらっていた。近いから楽なんだよね、こういうのって。

ちなみに、本サイトの写真なのだが、ユニクロなくなっているし、スターバックスもなくなっている。
写真の差し替えはしておいた方が良いとは思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL